プリザーブドフラワーとは|福岡のプリザーブドフラワースクールならDolce Fioreへ

プリザーブドフラワーの基礎知識

プリザーブドフラワーは、花を美しい状態で長期間保つために専用の薬液に生花を浸けて加工した花のこと。“枯れない花”とも呼ばれ、女性を中心に花を愛するすべての方から注目をされています。

最近はインテリアとしてだけでなく、生花を持ち込めない病院への見舞い花や、ブライダルブーケに用いられ、より一般的なものとなっています。

プリザーブドフラワーの魅力ってなに?

生花にはない魅力がプリザーブドフラワーにはたくさんあります。

プリザーブドフラワーQ&A

Q1.薔薇以外の花は選べますか?
日本では薔薇のプリザーブドフラワーが需要の9割を占めていますが、Dolce Fioreでは薔薇にかぎらずあじさいやカーネーションなども扱っています。花のリクエストがある場合は、お気軽にお申し付けください。
Q2.プリザーブドフラワーってどうやって作るんですか?
プリザーブドフラワーのメーカーによっては、製法が異なる場合がありますが、一般的なプリザーブドフラワーの製法は下記のとおりです。
  1. 花などの植物を一番い美しい状態の時に刈り取り、水分や樹液を抜き取ります。
  2. 有機物と着色料からなる、プリザーブド液に数時間~数日浸しておきます。
  3. 乾燥させて、プリザーブドフラワーのできあがり
プリザーブド液には、グリセリンの成分などが含まれているので、しなやかさが維持されます。
Q3.プリザーブドフラワーに使う生の薔薇はどこの国でつくられたものですか?
薔薇の世界的産地であるコロンビアやエクアドルの薔薇が、プリザーブドフラワー用の花としてよく使われています。
Q4.普段のお手入れはどうすればいいですか?
湿気や室温も気をつけ、毛先がやわらかい毛筆や静電気防止用ブラシなどで、ほこりを落としましょう。
Q5.保管の仕方を教えてください。
湿気に弱いので、湿度が高い場所には置かないでください。また、直射日光にさらすと花の色が褪せてしまうことがあるので、直射日光が当たらないように注意しましょう。
お問い合わせ・資料請求はこちら
お問い合わせ・資料請求はこちら